メインの画像
  • HOME
  • > ホームピーリングと医療用ピーリングの違いは?

ホームピーリングと医療用ピーリングの違いは?

古い角質や汚れをオフ、ターンオーバーの正常化を目指すケア法の一種として、ピーリングがあります。

そしてピーリングには医療用のケミカルピーリングやメディカルピーリング、自宅において自分でおこなえるホームピーリングが存在しています。 この医療用と自宅のピーリングでは一体どこが異なるのか、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

まず、医療用のピーリングはより強力な酸であるグリコール酸と呼ばれるものを使用して施術がおこなわれるのが一般的です。 これは医療用のものであり、医療機関でしか取り扱いが認められていません。 市販のピーリング剤を使った場合と比較して、医療機関で施術を受ける場合にかかる費用が割高になることが多いです。 また、強力な酸を使用するため肌にかかる負担は大きく、一時的に乾燥したり、赤みを生じるといったリスクが挙げられます。

ただし、ピーリングにより得られる効果自体は医療用のピーリングのほうが勝っています。 これに対しホームピーリングはどうかというと、弱い酸を使用しているため、肌への負担が比較的軽いのが特徴です。 市販のピーリング剤は医療機関で受ける施術よりは安上がりにあり、施術を受けに医療機関に通う必要もなく手軽なところが魅力的といえるでしょう。

ただし、ソフトな酸を使用しているため肌にはやさしいものの、医療用のピーリングよりは効果が抑えられているというのは否めません。 以上のことから、効果の高さなら医療用、手軽さなら自宅用のピーリングを選ぶのがいいということになるでしょう。

▲ このページの先頭へ戻る